獣害予防

土壌に刺すだけ

   イノシシが退散

蓄光技術を使った新しいタイプの獣害対策品です。
天敵のオオカミの眼に似せた目玉には蓄光材が使用されており、暗い場所で自発光し、イノシシを威嚇。イノシシ避けを行います。
変遷
分布域は 1978(昭和 53)年度と比較すると 2014(平成 26)年度では約 1.7 倍に拡大。
​更に、令和元年度岩手県のイノシシ管理検討会結果(下グラフ参照)資料によると、被害市町村は2.5倍に拡大。被害額は、約21倍に増加している。
↑2014年(H26)
岩手県の農業被害
​ 令和元年度イノシシ管理検討会資料より
費用対効果
捕獲等の対策の強度(努力量)とその効果を考慮した対策費用を
​考慮しないと、利益が上がらない。
利益
UP
​提案
圃場の土壌へ「イノ用心」を刺すだけで、威嚇!
​イノシシ避けが可能。
​日中の様子
​夜の様子
天敵のオオカミの眼がイノシシを威嚇!!
蓄光材を使った夜光るイノシシ避けを行います。
 
施工事例】
施工区域にはイノシシが侵入していません!
【暗視カメラ映像での効果の確認
施工区域ではイノシシが避けて立ち去りました。
【暗視カメラ映像での効果の確認動画
【イノ用心の取り扱い方法
<設置時>
 包装を取り、ホンタイの支柱を持って土中に約15cm刺すだけです。
<取外時>
​ 上部の部分に、指をかけて上に引き抜きます。
【イノ用心の設置方法
農地を囲う様に設置する場合
進入路をふさぐ様に設置する場合
  • 農地の角を中心に、5m~10mくらいの間隔を空けて設置してください。

  • 侵入路が分かっている場合には、3m間隔くらいで集中設置してください。

  • 「イノ用心」は多くの農地で実証確認がされていますが、農作物の被害の補償は出来かねます。ご了承下さい。

【イノ用心の仕様

・サイズ(約):W150×H750×D20mm
【材質】
・忌避治具:シリコーン樹脂・蓄光剤・ナイロン・ポリエステルフィルム・ステンレスバネ
・支柱:被覆鋼管
・バネ留め:ポリプロピレン

 


※獣害対策以外の用途では、ご使用にならないでください。

製造メーカ:日本ダム株式会社

イノ用心カタログ
費用対効果
お客様
​の声
​設置後のお客様からの声

 ・電柵を付けていても入られ、その周辺に刺したらイノシシが来なくなって

  足跡も無くなった。
 ・カラス、ハクビシン、キツネは来なくなくなった。

  (スズメ、タヌキは来るようです) 
 ・広大な圃場を電柵で回す予算等が無いので「イノ用心」を使っている。

  刺すだけで設置後既に3年使っているが被害が出ていない。
​ ​・防犯に使っている。(暗闇で見ると 人間でも怖いです)
​ ​・鹿、熊はどうか?→暗視カメラに撮影できていないので確証は取れており

  ませんが、被害は出ていないようです。

 ・軽いので10本くらい手に持って、刺して行ける。撤去も抜くだけなので

  簡単で良い。(使用しない時に保管して、また翌年使用できる。

  (使い回しできるので、コストパフォーマンスが良い)

 ・圃場に農機具を入れるのも簡単で良い。

伝農アシスト株式会社

​〒039-1103 青森県八戸市長苗代2丁目2番7号

​連絡先 0178-38-6191 

F A X   050-3488-3211